年齢制限

初心者に多い疑問でFX口座は銀行口座と同じ仕組みとはどういうことですか?

FX口座と銀行口座は同じものなのか、という疑問は初心者にはとても多いとされています。
なぜかというとFX口座もお金を入金し、それを証拠金としてFX取引を行うからです。
口座という名称からほとんど役割が同じと考える人が多くなります。

しかし、銀行口座はクレジットカードや公共料金などの引き落としなどがあり、これは全く別の機能です。
同じような機能としては、銀行預金には利息がつきます。
これは銀行にお金を預けているので、銀行にお金を貸しているわけです。

そのため銀行から利息をもらっています。
FX口座では自分が運用するので、うまくいけばその儲け分は自分のものになります。
FX口座に入金するのは、もし失敗してなくなってもいいような資金にしてください。

お金に色はついていませんが、投資資金は余裕資金で行うのが基本です。
生活費をFX取引に使ってはいけません。
このように同じような仕組みでも、FX口座には余裕資金、銀行口座には生活資金とわけて考えることが大切です。

二つの口座を一緒にして考えるととても危険なことになりますので注意してください。
二つを分けて考えることで、FXで失敗しても大事な生活資金に手をつけなくてもよくなるのです。
こちらのFX初心者に必要な基礎知識もとても参考になります。

このページの先頭へ