年齢制限

FX取引で失敗したという時の状況で例がありますか?

FXは簡単に始めることができますし、初心者でもたくさんの人がFX取引をしています。
成功事例は派手に宣伝されています。
デイトレードで数億円儲けた人や一年で数千万円を稼ぐなどのツワモノもたくさんいます。

でも失敗した例は聞いたことがありますか?都合の悪い情報はあまり出てこないものです。
失敗の事例は実はたくさんありますが、あまり表に出てこないことが多くなっています。
FXの失敗例を出すと初心者が尻込みするからです。

しかし、失敗を冷静に分析しておくと、自分がそのような状況に陥ったときにどうすればいいかよくわかることがあります。
失敗の事例として多いのは、売り時や買い時を逃してしまうことです。
特に相場を読めないときは、売り時を逃してしまうことがあります。

売り時を逃すと相場が下がりっぱなしになるため、損失が膨らみます。
失敗を防ぐ方法にロスカットの手法があります。
ロスカットは予め損失ラインを決めておき、損失の拡大を抑えようとする手法です。

しかし、少しだけ損をしてしまいますが、大損はしません。
FXでは欲を出しすぎるとかえって痛手を負うことがありますので十分注意してください。
損失を減らしながら利益を積み重ねていくのがFXの基本法です。

このページの先頭へ