年齢制限

FXはリスクもある取引方法とされているのは何故?

FXに限らず投資にはリスクがつきものです。
リスクの無い投資といえば、郵便貯金や銀行のスーパー定期などになります。
元本保証ですが、リスクのない分リターンもありません。

FXはリスクのある取引方法とされていますが、どんなリスクがあるのでしょう。
リスクとリターンは同じような関係にあって、リスクが多いとリターンも多い可能性があります。
可能性ということは、失敗することも多いということです。

その代わりFX取引でのリスクを減らすことができれば、大きく一歩前進します。
つまり、FXをやっていても大きな負け越しをしないということです。
FXのリスクは為替相場が動くことにより発生します。

今の為替レートから利益の出るほうへ大きく動くときはいいのですが、損失の出る方向へ動くときは注意しましょう。
そのときはロスカットなどの手法を取り入れながら、できるだけ損失を抑えることが大切です。
FXのデイトレードでの損失を抑えることができれば、利益が出ることが多くなります。

一日では負け越しになったとしても、一ヶ月でみたときには、プラスになっていることが多くなります。
そうやってFX取引のリスクを減らし、常に利益を出していくことができるのです。

▼FXの基本的な仕組みはこちら

このページの先頭へ