年齢制限

円高、円安の時のFX取引への影響はどの程度の物になりますか?

円高や円安のときにFX取引をしているとどのような影響があるのでしょうか?
円高や円安のときはどんな対応をすればいいかをよく考えておきましょう。

円高や円安といっても、一日の中で相場が円高や円安に動くことはいつも起こりえることです。
しかし、もっと大きな為替相場変動が起こることがあります。

株式市場が暴落したり、歴史的な事件や戦争が起こったときです。
そうした為替相場が大きく動く局面はたくさんあります。
円高になるときは円の価値が高くなるときです。

通常は通貨ペアを組んでいるので、円ともう一つの通貨との相対的な関係になります。
円が高いともう一つの通貨をたくさん買うことができます。
逆に円安のときはどうでしょうか?円安のときは、円の価値が下がりますので、もう一つの通貨を買うのに多くの円が必要になります。

FXで利益を得るためには、円が高いときに他の通貨を買って、円が安いときに他の通貨を売って円を買い戻すとよいでしょう。
そうやって結果的には円を増やすことができます。
通貨ペアではどちらに相場が動くのかわかりません。
FX取引では常に為替レートを意識して、短期的な部分だけでなく少し先を見て通貨ペアの動きを読むようにしましょう。

このページの先頭へ